オリンパスペンの歴史

1959年(昭和34年)に発売された、初代オリンパスペンからその歴史は始まります。
「6,000円で売るカメラ」をコンセプトに、しかし写りだけは譲れないとしてレンズにほとんどの費用をかけて開発されたそうです。
発売当初は三光商事で外注されていたのですが、その後自社製になったそうです。

1961年(昭和36年)には、使いやすさに徹したオリンパスペンEEが発売され、
爆発的なヒット商品になります。
シャッターを押すだけで、誰でも簡単に美しい写真が撮れる、バカチョンカメラの先駆者でした。
女性でも簡単に写真が撮れるをセールスポイントに、あっという間に家庭の人気者となって行きました。
セレン光電池サークルアイ式露出計を装備し、焦点距離は3.2m固定、
シャッタースピードは1/30と1/250秒で、1.5mから∞までピントが合うイージーなカメラでした。
このEEシリーズは、8機種まで展開し、ペンカメラが広く普及する原動力となりました。

1962年には、最高級のペンをめざしたオリンパスペンDが発売されます。
F1.9の高性能大口径レンズ、高速1/500秒シャッター、LV値直読式内蔵露出計などを詰め込んだ「プロ仕様のペン」。それがオリンパスペンDでした。
それまで女性指向だったPenシリーズに対して、Pen Dシリーズはより高性能を前面に出すことで、男性をターゲットとするカメラだったようです。

1963年には、世界初、そして世界唯一のハーフサイズ・システム一眼レフ、オリンパスペンFが発売されます。
Penの開発者、米谷美久氏の会心の作で、
その無駄のないデザインは、グッドデザインの誉れ高き名器として未だに語り継がれています。
ポロプリズムファインダー。はじめてシャッター幕にチタンを用いたロータリーシャッター。20本におよぶバラエティ豊かな交換レンズ。オリンパスペンFは、独創的な機能を満載した革新的なカメラでした。

オリンパスペンシリーズは1959年から1986年まで製造され、
27年間の長きに渡り、日本のコンパクトカメラの歴史を刻み続けました。
その後コンパクトカメラは、35mm主流の時代へと移り変っていきます。。。

参考資料:オリンパスHP
Olympus Pen Gallery
[PR]
by photopo | 2007-06-28 22:20 | With Pen
<< With PEN、本日オープン!! 豆腐屋の店先 >>